Hino Seiki

企業案内

代表取締役写真

お客様のニーズに責任を持って応えていくためには、社員一人一人が生きがいを感じ、自己の可能性に“挑戦”していくことが重要と考えています。
日野精機株式会社は、最良の環境作りを常に心がけ、社員の家族にも愛される会社でありたいと考えています。

代表取締役社長 川俣 英雄

会社概要

会社名 日野精機株式会社
事業内容 自動車用部品・産業用建設車両部品・治具等の製造
所在地
本社工場
〒191-0003 東京都日野市日野台1-17-3
TEL:042-582-1861(代表)  FAX:042-584-1655
新田工場
〒370-0343 群馬県太田市新田下田中町836-1
TEL:0276-47-4861(代表)  FAX:0276-47-4864
代表者 代表取締役社長 川俣英雄
資本金 5,300万円
従業員数 141名(2015年4月末現在)
設立 1956年(昭和31年)4月25日
主要取引先
日野自動車株式会社 東芝エレベータ株式会社
福島製鋼株式会社 株式会社ヤマトインテック
ブリヂストンエラステック株式会社 高周波鋳造株式会社
キャタピラージャパン株式会社 NOK株式会社
Caterpillar Inc. 三菱重工株式会社
株式会社シンニッタン UDトラックス株式会社
自動車部品工業株式会社 横河マニュファクチャリング株式会社
三井精機工業株式会社 株式会社東芝
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 立川支店
三井住友銀行 日野支店
多摩中央信用金庫 日野支店
商工組合中央金庫 東京支店
日本政策金融公庫 立川支店
認証資格
ISO 9001:2008 認証登録JQ1067
ISO14001:2004 認証登録JE0549
労働組合 日野精機労働組合(日野労連に加盟)

沿革

1956年4月 川俣貞が東京都日野市に日野精機株式会社を設立し、自動車部品の製造加工を開始、日野ヂーゼル工業株式会社(現日野自動車(株))と取引を開始。
1957年 株式会社横河電機製作所の工業用計器部品の加工組立を開始、同社の協力工場となる。
1966年 キャタピラー三菱株式会社(現キャタピラージャパン(株))の部品加工を開始。上記三社を主軸とした製造体制となる。
1971年6月 資本金を4,800万円に増資。
1993年 川俣貞が会長に就任と同時に、川俣英雄が社長に就任。
2003年1月 ISO9001(2000)品質マネジメントシステム認証取得
2005年2月 ISO14001(2004)環境マネジメントシステム認証取得
2006年4月 創業50周年を迎える。
2013年1月 東京中小企業投資育成株式会社より出資を受け、資本金5,300万円に増資。
2013年10月 群馬県太田市に新田工場開設。

ISO9001(品質マネジメントシステム)

当社は本社工場において、2003年1月28日にISO9001マネジメントシステムの認証を取得し、金属加工部品の製造の品質向上、顧客満足度の向上に努めています。

ISO9001(品質マネジメントシステム)

ISO14001(環境マネジメントシステム)

当社は本社工場において、2005年2月8日にISO14001マネジメントシステムの認証を取得し、製造工程における省エネルギーおよび環境負荷の低減に努めています。

ISO14001(環境マネジメントシステム)

品質方針

当社は高品質・低価格をシステムの継続的改善により常に向上させ、お客様満足度No.1の提案型企業を目指します。

環境方針

日野精機株式会社は、基本理念実現のため環境マネジメントシステムを構築し、自動車産業の一翼を担う企業として、次の方針に基づき全社一丸となって環境保全のための活動を継続的に推進します。

  1. 企業活動のあらゆる段階・分野及び製品における環境影響を的確にとらえて環境目的・目標を定め、また定期的・継続的に見直す活動を行うことにより、環境改善及び汚染の防止に取り組みます。
  2. 当社に関係する環境関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守するとともに、地域との調和をはかります。
  3. 技術的・経済的に可能な範囲で、省エネルギー・省資源・廃棄物発生の削減とリサイクルを推進します。
  4. この環境方針(基本理念・基本方針)は、当社の指定場所に掲示するとともに、チラシ等作成文書化し、全従業員に周知徹底します。また、取引先にも環境管理責任者から周知し、理解と協力を要請します。
  5. この環境方針は、関係する外部の方々及び一般の人の要求に応じて提供します。